読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽遍歴 その3

ハデなギターソロに夢中になるあまり、バッキングギターを全く練習してこなかった「とらや」少年。
Bandクビのピンチをどう脱したんでしょう?



答えはここにありました。

f:id:torayamusic:20161013222041j:plain

はい、Chicです。ナイルロジャースです。
「黒いキースリチャーズ」とも称される、リズムギターの奇才です。



「Good Times」と「Le Freak」。
死ぬほど練習しました。ホント。

特に「Good Times」はパターンは2種類しか出てこず、それを7分以上延々と繰り返すんです。
やっぱり3分とか過ぎたあたりでダレてくるんだよね。ピックがずれてきたりとか。



最後まで気を抜かず5セット連続! とかそんな練習を1~2年くらいは続けたのかな。
やってることはもはや運動部だよね。
カッティングが得意、と人に言えるようになったときには高校も卒業して19才位になっていた。


当初のフュージョンバンドも流行を反映してファンクバンドへと変貌していた。



今思い出しても知能指数の低いやり方だと思う。
でもそんな当時のアホな「とらや」少年には感謝しなくちゃ。


他にもコードの省略の仕方とか、アクセントの置き方とか、ペンタスケールを応用した単音フレーズとか、数えきれないものをナイルから教わりました。


ナイルさん、ありがとう!
そして当時の俺、ありがとう!!


最後にYoutube 貼っときますね。お楽しみください。

今更ですが、バーナードさん、トニーさん、安らかに…

「Good Times」

Chic - Good Times (Tilt 1979)


「Le Freak」

Chic - Le Freak