読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のスタイル持ってますか? Pt-2

音楽全般

今回は強烈な個性を放っている日本の若手アーティストを2名ご紹介します。

 

まずはこの人「Rei」。


Rei performs "Black Banana" LIVE for Hello Asia in Toyko

 

Charの弾き語りをアイコラしたんじゃね?

ぐらいのスモーキーっぷり。

 

童顔で、まだ中学生くらいにも見えるけど、1993年生まれの23歳。

日本の商業音楽の影響(音楽を目指す前に学校とかで流行っていて、勝手に身につくような)が全く感じられない。

と思ったら、やっぱり外国で育ってたりとか、かなり独自なルートで成長してきた人みたいですね(詳細はWikiで)。

 

時々TVで見かける「習い事スペシャリスト」的な取ってつけた感が全然ないのが凄い!

身体の一部って言うか、お風呂とか入ってるときもマディーウォーターズとか口ずさんでんじゃね? ってぐらい染み付いたブルースフィーリング。

 

 

だけど、これだけで終わってたら、紹介するほどではない。

だってオヤジだったらこういう人いるじゃん。

 

 

「とらや」のお気に入りがこちら。


Rei "COCOA" (Official Music Video)

 

どうですか?

こんなおしゃれな音楽に昇華させちゃってるんですよ!

 

これは彼女にしか出来ないスタイルだろ!!!

 

高校生位からロックに目覚めてブルースまでさかのぼった、とかの経歴の人だと、何というか、思い入れが入っちゃって、こんなクールさを出せない。

 

やっぱり、小学生くらいからお風呂でマディーを口ずさんでる(これ、勝手なとらやのイメージね)ような人じゃないと、こういうネイティブ感はムリでしょ。

 

これからの10年間くらいでどんな風に成長していくのか非常に楽しみ!!

 

 

 

で、お次は「ぼくのりりっくのぼうよみ」。

おっと、名前だけで飛ばそうとしたアナタ! 

だまされたと思って10秒でいいから聴いてみ!


ぼくのりりっくのぼうよみ - 「CITI」ミュージックビデオ

 

これ、高校生の作品だぜ!?

 

もう、何にも言えねえよ!!

 

このかっこよさ、努力で身につく類のもんじゃないと思わない?

歌が上手いとか、メロディーラインがとか、そこじゃない。

強いて言うなら「匂い」。。。

 

あちこちで「天才」と称されているようだが、凡人から見たらそれ以外に彼を理解できる表現はないっしょ。

 

「ぼくりり」からもう一曲。


ぼくのりりっくのぼうよみ - 「noiseful world」ライブ映像

 

多分、これ未編集だろ・・・ 録ったまんまじゃね?

荒削りだからこそ刺さる。

一時流行った、「練習で身につくR&B歌唱」と全然違う歌い方。

 

これ、もし目の前で演られたらヤバイよ!!

 

インタビューとか読むと、他のアーティストの影響みたいなハナシはほとんど出てこない。その代わりに、自分を俯瞰するもう一人の自分・・・とかそういう話が多い。

 

うん、「神様が降りてくる」人って表現が一番しっくり来る。

 

でね、ビクターっていう、メジャー中のメジャーからCD出してるのに、「もうCDは無いっしょ」って、CDの遺影を抱えた写真をウラジャケに使ってるの。

笑っちゃうよね。

 

彼、多分日本の大きな財産になっていくと思うよ。

早死にしないといいな、縁起でもないけど・・・

 

 

 

 

「とらや」では一期一会、僕と一緒に遊んでいただけるミュージシャンの方を随時募集しております。

連絡先:toraya_music@yahoo.co.jp