サンストライブ@小手指サウンドストーン

先週末、サンストライブにお邪魔してきました。

6月ぶりのバンド形式での演奏です。

 

ある意味、この2年半の「とらや」の集大成ともいえるライブになりました。

 

なおみーずやカイザーフェニックスで活躍中の師匠さんをDrsに迎え、僕の幼馴染でもあるゲイリー氏をベースに迎えました。

f:id:torayamusic:20181017213023j:plain

photo by HIRO

 

たまたま難しい曲ばっかりになったんだけど、その分緊張感も高まり・・・

最高の一期一会になりました!

 

M-1 "Getaway" EWF

M-2 "Don't You Worry 'Bout A Thing" Stevie(Incogunito)

M-3 "Keep On" TORAYA

M-4 "In The Stone" EWF

M-5 "Smoky" Char

 

f:id:torayamusic:20181017213322j:plain

f:id:torayamusic:20181017213339j:plain

f:id:torayamusic:20181017213352j:plain

3 photos by HANA

 

みんないい顔して演奏してます!!

 


In The Stone EWF Cover by TORAYA

 

でもね、

ソリッドでタイトなトリオロックアレンジ一辺倒のファンク/ソウルだけっていうのはそろそろ飽きそうな気もする・・・

 

ライブから3日たった今、ちょっとダイナミクスというか、もう少し立体感のあるサウンドに挑戦していく時期かなって思ってます。

 

 

あと集大成といえば、

 

親友ののリード君も吠えてます!

上の動画でも音量感をイメージしてもらえるかな。

torayamusic.hatenablog.com

 

みどり君もいい仕事してます!

torayamusic.hatenablog.com

 

 

 

それと今回、歌のモニタリングを変えてみました。

一部で言われている「片耳に耳栓」というヤツ。

 

f:id:torayamusic:20181017213837p:plain

右耳に装着しました。

いわゆる骨伝導で飛躍的に自分の声が聴こえました!

シンバルとかがジャーンて来た時などでも自分の声がちゃんと聴こえます。

 

その代わりに、右後ろにある自分のギターアンプの音がほとんど聴こえなかった。

 

ちょっと浅めにハメるとかの工夫が必要かもね。

それでも歌いやすさはとてもイイので、これは続けていこうと思う。

大枚はたいてワイヤレスイヤモニ買おうと思ったりしたんだけど、これで十分だ。

 

 

年内のバンド形式はたぶんこれでオシマイ。

来年の早い時期に、また何かブチ上げて行ければいいなと考えています。

 

今後の「とらや」に乞うご期待!!

またね。

 

バイクの修理 ~サーモスタット交換~

今日はバイクの修理をしたお話。

f:id:torayamusic:20180916202750j:plain

 

この夏、水温が妙に高くなったり治ったりを繰り返し、先週は気温20度台前半にもかかわらずレッドゾーンに突入。

ラジエーターを触っても全然熱くない。逆にエンジン近くの冷却水配管はヤバイくらい熱い。

 

間違いなくサーモスタットの不調でしょう。ということで、ネットで調べたら割と簡単に交換できるようなので自分でやることにした。

 

f:id:torayamusic:20180916202855j:plain

説明するまでもないけど、左が新品。

こういう形してるんだね。

温度の上下を感知してバルブを閉じたり開いたりするんだけど、僕のは閉じっぱなし=熱くなった冷却水がラジエーターに行けない状態になった訳です。

 

この部品の交換自体はボルト3本緩めるだけで出来るのだが、ガソリンタンクを外さないと出来ないのが超厄介。

f:id:torayamusic:20180916203320j:plain

こういうバイク、川沿いとかで時々見かけるよねw

 

f:id:torayamusic:20180916203441j:plain

サーモスタットを外す前に冷却水(クーラント)を抜きます。

 

f:id:torayamusic:20180916203644j:plain

こちらサーモスタット。

 

f:id:torayamusic:20180916203757j:plain

蓋を開けると本体が顔を出します。

思いっきりくすんだ金属の色です。

 

f:id:torayamusic:20180916203907j:plain

どうですか? この新品感!

すばらしい!!

 

パッキンを交換して蓋を閉じます。

あとは冷却水のドレンボルトを閉めて冷却水を戻し、エア抜きしたうえでガソリンタンクを取り付けて終了。

 

バイクの整備はいつもこちらのサイトのお世話になってます。

blog.goo.ne.jp

オイル交換、ブレーキパット交換はもとよりタペット調整などなど、昔だったらできる気がしなかった整備をこなせたのは人骨さんのおかげです。

 

f:id:torayamusic:20180916204801j:plain

1時間ほど試運転したけど、水温計はノーマルな位置を指しています。

 

めでたしめでたし!

 

 

 

という訳で、ライブ告知です。 

f:id:torayamusic:20180915201130p:plain

お時間ある方は是非是非!!

 

Windows 10移行 その2

Windows 10への移行が終わりました。

 

前回立てたプランをもとに・・・

Cubase 6→Pro 9.5

・メモリを4GB→8GBに増設。

以上。

 

 

今回、Komplete 11へのバージョンアップは今回見送りました。

その代わりアンプシミュレーター2種、AmplitubeとRevalver(どちらも無償版)を入手!

 

PeaveyのRevalverがこちら

f:id:torayamusic:20180915174253p:plain

https://revalver.peavey.com/download

 

そしてAmplitube

f:id:torayamusic:20180902213435p:plain

https://www.ikmultimedia.com/products/amplitubecs/

 

どちらも追加購入型となっていて、Revalverのほうがリーズナブルな価格設定です。

Amplitubeだとアンプ1台で5千円くらいするので、いっぱいほしい人はバンドル版を買ったほうが得かもね。

 

Revalverの方は最初から色々選べるんだけど、購入していない状態だとスイープノイズが入ります。

こちらはアンプ1台千円くらい。

 

 

それでですね、

f:id:torayamusic:20180915195329p:plain

こちら、Kompleteの各プラグインの動作環境一覧なんですが、

 

こちらをご覧ください・・・

f:id:torayamusic:20180915195721p:plain

なんと、Battery 3が立ち上がるのだ!

もちろん音も出ます。

 

まあ、とらやのデモはMPC-3000、MOOGのハードシンセ、そしてギターと歌なので、今回増えたアンプシミュレーターとWAVESがあれば問題ないのだけれどもね。

 

 

f:id:torayamusic:20180915200728p:plain

最近のお気に入りはWAVES VComp。

 

というわけで、悩んだ割にはスムーズにWindows 10に移行することができました!

 

 

はい、今日はここまで!

 

 

最後にLIVE告知です。

f:id:torayamusic:20180915201130p:plain

久しぶりのバンド形式でサウンドストーンにお邪魔します。

「とらや」のテーマは「一期一会」。

今回ももちろん、初の顔合わせ!!

 

ベースのゲイリー氏はサウンドストーン初出演になります。

 

お時間ある方は是非是非!!

 

 

Windows 10移行

先日完成したアコギ用プリアンプ。

f:id:torayamusic:20180812160902j:plain

torayamusic.hatenablog.com

 

はりきって「カフェ彩の森」さんのオープンマイクで実戦デビュー!

f:id:torayamusic:20180902211602j:plain

と思ったら・・・

 

 

ギターケースに入れ忘れてました。トホホ

 

せっかくのデュアルPU(ステレオケーブルで2回線出力)もPAのHi-Zではないライン用入力に直接インプットするしかなく、モコモコの情けない出音となってしまいました。

ピエゾPUの出力はグランドに落ち、マグネティックPUのみでした。忘れ物はイカンですね。

 

 

ところで、皆さんのパソコンのOSは何ですか?

僕のは2011年に購入したWIn7マシンです。2020年にOSサポートが終わってしまいます。

 

マシンスペックはまだまだイケるので、Win10にアップデートする計画を立てています。

 

Win10に対応しない古いものをアップデートしなくてはなりません。

Cubase 6→9.5

・Komplete 8→11

オーディオインターフェースやプリンターはWin10用のドライバーのDL

Windows Live Mail→Mozilla Thunderbird

Sound Forge 11とWaves 9はセーフ

 

ついでに念のため、メモリを4GB追加して8GBに。

あと贅沢を言えばC DriveにSSDも欲しい。

 

ほかにDVDライティングソフトやら細かいのは全滅だろうな・・・

 

そんなこんなしていたら急にAmplitubeの存在を思い出し、早速インストール。

f:id:torayamusic:20180902213435p:plain

断言しよう。いままで使っていたGuitar Rigよりもイイ! あらゆる意味で。

これは乗り換え即決です!

 

f:id:torayamusic:20180902213533p:plain

こちらがスピーカーユニットを交換する画面。

収録する部屋やマイク、オフマイクの左右セパレーションなどもいろいろできる。

 

Freeで入手したので、今はほぼ何も選べない。

だけど試聴DLして気に入ったモノだけをバラで購入していける。

いままでのプラグインのように、使わないものがいっぱい付いているより使い勝手的にも良いと思う。

 

Win10移行から脱線してアンプシミュレーターで盛り上がってしまったわけですが、盛り上がりついでにもう一つ。

 

Peaveyのアンプシミュ「ReValver」。

f:id:torayamusic:20180902214749p:plain

peavey.com

こちらも単品買いシステムですね。アンプ1台約8ドル=千円でお釣りがくる。

単品販売といえばZOOMのマルチストンプもやっていたが、放置されちゃってマス。

 

 

f:id:torayamusic:20180902215305j:plain

真空管も交換できる!

 

技術情報には付いて行ったほうがいいね。

とりとめのない話でしたが、今日はこの辺で・・・

 

またね!

アコギ出力の活性化 その2

待ちに待った夏休みがやってきました!

去年は諸事情で休みが無かったけれど、今年は8/10~8/19の10連休なのだ。

 

今年は夏休みの自由研究よろしくアコギの出力を強化することにしている。

ライブとかでPAに送る的なヤツね。

torayamusic.hatenablog.com

 

ブレッドボードで音だし確認。

アコギなので、ヘッドフォンでモニタリングします。

 

f:id:torayamusic:20180812160051j:plain

うん、OKっす。

ブレンド具合もイイ感じ。抵抗値が小さいせいか変化具合がちょっとぎこちないかも。

 

ギター側。

f:id:torayamusic:20180812160154j:plain

ピエゾは中に貼り付けてある。

ケーブルはモノ×2で受けてステレオプラグでプリアンプに送ります。

モノ×2の接続部分はウレタンで包んでボディーの中に格納します。ただし思った以上に重いので、後々改良するかも・・・

 

あ、そうそう。エンドピンの穴を広げれば一番スマートなんだけど、1,000円未満のセットでそこまでやりたくないんだよね~。

現行サイズでミニプラグというテもあるので、やるならそのセンかな。

 

f:id:torayamusic:20180812160628j:plain

基板配線も完了。

フィルター値を決めるコンデンサはソケットに挿して、後で交換できるようにしてあります。本体にEQ回路を搭載する代わりに、ココで音色をいじれるようにしておく、というわけ。

 

f:id:torayamusic:20180812160902j:plain

ちょっとボケてるけど、完成!

フットスイッチもLEDもない!超シンプル。

 

右のツマミはマグネティックPUとピエゾPUのブレンダー。左いっぱいでマグネティック、右いっぱいでピエゾオンリーの音になります。

要するに2回線をインプットして、バランスをとりつつ1回線にまとめたものをアウトプットする、というものです。

左のスイッチはマグネティック側の位相反転をします。

 

パソコンに録音してみました。

えーと、ピエゾはスゲーいいよ! 291円だよ!!

ただ、ここにきてマグネティックの「陳さん@480円」のショボさがちょっと出てきてしまったかな~。

1kHz付近をピークとする幅の狭いかまぼこ型って感じ? あえて言うなら海の家とかで流れてる音楽みたいな音に聞こえる。

きっとピエゾがワイドレンジなので目立っちゃうんだね。 

f:id:torayamusic:20180812161824j:plain

ピエゾはこれ。Amazonで売ってるヤツ。

オベーションなんかと比べても遜色ないというか、トップ裏に貼る方式のほうがサドル下よりもブリブリ感が少ないんだろうね。

 

用途を考えるとピエゾだけでも全然オッケーなんだけど、まあ、しばらくはこれでやってみますわ。せっかくデュアルで作っちゃったし・・・

 

お披露目は多分ココのオープンマイク。

ameblo.jp

 

それでは皆さん、楽しい夏をお過ごしください~

アコギ出力の活性化

暑い日が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

先日は「サウンドヘブン」というイベントに初めて行ってきました。

blog.goo.ne.jp

気温はラクショーで30度越えの中、アタマ中がアレなおっさんたちがハッピーな音楽してました。汗びっちょびちょで!!

あんまり熱くない時期に「とらや」も出てみたいな・・・ 

 

 

 

という訳で唐突ですが、今回はアコギの出力のお話。

僕はもともとエレキの人間なので、アコギはガットと鉄弦を1本ずつしかもってません。

どちらもピックアップは非搭載。

 

ライブでもアコギを良く弾くようになったので、取り付け/外し型のマグネティックのピックアップを使っています。

torayamusic.hatenablog.com

 

最近、マグネティックとピエゾ、あるいはコンデンサーとピエゾのマイクをブレンドするのが流行らしいので、早速ピエゾピックアップを買ってみました。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3-%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97/dp/B01E5G6JLS/ref=pd_sim_267_5?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B01E5G6JLS&pd_rd_r=c9dcea84-9584-11e8-9265-0d0e7e57f0a5&pd_rd_w=qLY0v&pd_rd_wg=ymk9x&pf_rd_i=desktop-dp-sims&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=7990452376513976631&pf_rd_r=N6PPJTK951DJH6D86Q7G&pf_rd_s=desktop-dp-sims&pf_rd_t=40701&psc=1&refRID=N6PPJTK951DJH6D86Q7G

プレビューが出ませんが、普通のAMAZONの商品ページです。

 

なんと破格の¥291ナリ!!

「陳さん」の¥480をさらに下回ります。

 

でもね、オーディオインターフェイスのHi-Z端子にとりあえず両方つないでみたら、結構いい感じなんですよ。ブレンド具合でずいぶん雰囲気も変わるし。

 

マグネティックだけだといわゆる「弦鳴り」成分が弱く、バキバキ弾く僕のスタイルだと少し物足りないし、ピエゾだけでもあの独特のブリブリ感が堪えられない。

でも、両方混ぜることでお互いの良いとこ取りができそうだよ!

 

夏休みの工作のテーマが決まりました!

f:id:torayamusic:20180801213025p:plain

エレキでも欠かすことのできないミニプリアンプ。

コチラで紹介されている一品。

ぴゅあ☆ぴゅあ1949:自作1石プリアンプ(1) - livedoor Blog(ブログ)

 

エレキ用には「みどり君」と名づけて愛用しています。

torayamusic.hatenablog.com

 

このプリアンプをマグネティックとピエゾ用に定数を特化させたものをデュアルで搭載しようというもの。

オマケで4559による位相反転回路も内蔵させます。何となく、マグネティックとピエゾの設置場所で位相が色々なことになりそうな気がしているので・・・

ムリにトーン回路やゲインなどは載せません。ブレンドツマミだけ。

 

※8/21追記

ブレンドツマミの部分のVRですが、コレじゃダメですね。デュアルポットでやらないとツマミを回しきったときの反対側の出力がゼロにならない・・・

 

両マイクの出力はほぼ同様なので、FETの増幅率は一緒です。

 

 

ギター側でステレオケーブル用の出力にしたものをプリアンプ側で別々に取り出します。出力ジャックがステレオなのは電源のON/OFF用。

 

最初から良い機材を買ってイイ音出すのも悪くないけど、合わせて千円しないマイクでどこまで攻められるか試すのも楽しいですね。

 

完成したら、そのときはまたレビューしようと思います。

 

そうそう、秋くらいに「バンドとらや」のライブを予定します。

一期一会、Drsはナオミーズやカイザーフェニックスなどで活躍中の「師匠」。

Bsは若い頃からずっとバンドやったりしてきた「O先輩」。

こちらも具体的になったらまた告知いたします。

 

とてもアグレッシブな演奏になりそうで、今から楽しみです!

 

それではまた!

神様からの贈り者

今回は北海道在住のスーパードラマー「よよか」ちゃんをご紹介します。

2009年生まれの小学生!!

 

www.youtube.com

 

最近ネットで大注目のようです。

ジョンボーナムのプレイをフルコピー、というキャッチフレーズで紹介されることが多いようです。

 

www.youtube.com

本家が彼女の動画を観て、嬉しそうに「Amazing・・・」見たいなコメントをしています。

 

時々出現する、多くのスーパー小学生と根本的に違うところ、

それは目的(音楽)と手段(演奏力)の主従関係がゆるぎないところです。

表情やフォームからも原曲への愛を強く感じます。

 

自分が超絶テクの持ち主であることをなんとも思ってない。

いつぞやここでご紹介した「京陸」と同じタイプのミュージシャンだ!!

torayamusic.hatenablog.com

ちなみにここで紹介した「京陸」の動画、ついに50万再生の大台に乗ったね!

 

 

レッチリのチャドスミスをはじめ内外の大物も絶賛しているそうだが、

もはや彼女に対するコメントなどナンセンス!

 

本家ロバートが微笑んでいるんだよ!!

コレだけで十分でしょ。

 

彼女、6歳からYoutubeでドラム講座も行なっていて、コレが可愛いんだ!

www.youtube.com

分かりやすい!

 

 

またさらに「かねあいよよか」というバンドに参加していて、ご両親と弟君がメンバー。ドラムに加え、作詞作曲とボーカルも披露している。

www.youtube.com

なんとも小学生らしい元気で溌剌としたパフォーマンスです。

 

 

本当に将来が楽しみな逸材です。

これからも楽しく音楽と付き合っていってほしい!!

「とらや」もファンの一人として応援してます!!!