VTR250の修理

今回はバイクのお話。

f:id:torayamusic:20190615113203j:plain

HONDAのVTR250、2007年式。

新車で買ってからかれこれ12年間、僕の足になってくれています。

 

f:id:torayamusic:20190615113442j:plain

走行距離は現在なんと22万km!!

メーター2周直前の記念写真です。

 

250のカブと呼ばれその耐久性には定評のあるVTRですが、20万キロを超えたあたりでチラホラ不具合が出てきました。

 

HONDAのディーラーさんでもさすがに20万越えの個体を扱うことは少なく、ここまでくると症状とその原因のノウハウも不足しているということです。

ネットでも簡単には答えが見つからない・・・

 

VTRは現在、排ガス規制の影響で生産中止になってしまっています。

でも大切に乗っているVTRファンもたくさんいることと思います。そんな方に役に立てばと思い、20万キロの過去を振り返っていきたいと思います。

一緒に30万キロを目指しましょう!!

 

■まずは一般的な消耗品

 オイル→3000キロごとに交換

 オイルフィルタ→オイル交換2回に1回

 プラグ→2万キロに一回交換

 エアクリーナー→適宜

 電球類→5万キロ位で交換

 アクセル/クラッチワイヤー→7万キロ位で交換

 ステップ/グリップラバー→適宜

 ブレーキキャリパー→20万キロちょい前にオーバーホール

 ブレーキパッド/ディスク→適宜

 チェーン&スプロケ→適宜

 Fフォーク→20万キロちょい前にオーバーホール

 タペット→13万キロで調整

大体こんなところでしょうか・・・

20万キロまでは特に大きな問題もありませんでした。

 

 

 

次に、18万キロあたりで起きたクラッチトラブルについて書きます。

症状は、走っていていきなりクラッチが切れなくなり、ロードサービスのお世話になりました。ワイヤーは切れていません。

 

ディーラーで見てもらったところ、クラッチリフターのベアリングが砕けてしまっていたとのこと。下の19番の部品ですね。

f:id:torayamusic:20190615115744j:plain

クラッチレバーを握るとクランクケース側のレバーがクラッチリフター(10番)を押し込む形でクラッチが切れるのですが、ベアリングがなくなってスカスカになり押し込めなくなっているという状況でした。

 

このベアリングと、すり減っていたクラッチディスクを交換しました。

ところが・・・

 

 

そこから4万キロほど乗ったある日、また同じトラブルに見舞われたのです。またもやベアリングが粉砕!

 

ディーラーに相談したところ、クラッチリフターの内周の摩耗(=軸ブレ)が原因でベアリングにストレスを与え続けたため短距離で再発したのではないかとの考察。

今回はリフターも交換し様子見です。前回の交換時に比べ、ベアリングを装着するときの固さが固かったということなのでビンゴではないかと思っています。

 

今思えばですが、このトラブルに見舞われる直前の1~2千キロでクラッチの切れが甘くなっていたと思えばそう思えます。ニュートラルから1速に入れた時とかの挙動とか。

なので、今後は油断せずにクラッチの切れが悪くなったら迷わず点検ですね。自走できなくなるのはもうゴメンなので。

 

クラッチのお話はこれでオシマイ。

 

 

次は冷却トラブルのお話。

以前こんな記事を書きました。

 

torayamusic.hatenablog.com

 

この時点での走行距離は20万キロ。

実はこれで終わらず水温上昇に悩まされていたのです。

 

① 水温が高くなるがリザーブタンクのLLCは満タン

② 原因をあれこれ考察

  →ライン詰まり、サーモスタット不良、ポンプ故障、ラジエーターキャップ不良

   を疑う。

③ 検証

  →ラジエーターキャップは交換したばかり

  →ラジエーターキャップを外してエンジンをかけるとLLCは循環するので

   ポンプとライン詰まりもシロと認定

  →意を決してサーモスタットを交換したら直った!

ここまでが上記の記事の流れです。

 

ここからさらに、ある程度距離を走るとまた温度が上昇するようになりました。

③の検証に戻りサーモスタットを点検すると、また壊れていました。

10万キロはゆうに使用できるといわれているサーモスタットが千キロ程度で壊れるのも解せない状況でしたが、目の前では壊れているのでまた交換するしかありませんでした。

 

そんなこんなしているうちに定期点検を受けました。

リザーブタンクは減ってないけどラジエーターの方が水位下がってたので少しLLC足しときました。」との指摘。

 

④ 再検証

何らかの理由でLLCが減り(リザーブタンクは減らず)、それによりサーモスタットが常時LLCに満たされない状況でダメージを受けているのではないか?

 

⑤ 実験

水温計が上がる状況になったタイミングでラジエーター側の水位をチェックすると、満タンになっているはずのLLCが減っている。→足す。

しばらくは水温計も安定するが、500km位走るとまた上がってくる。→ラジエーター水位チェックで減っているので足す。というサイクルで何とか走っている状態にあることが分かりました。

 

リザーブタンクとラジエーター間のラインの点検

パイプを外すと普通にLLCが流れてくるのでこいつはシロ。

 

⑦ 考察~結論付け

ネットの記事を読み漁ると、ガスケット抜けの可能性があるという結論に達します。

 

シリンダーヘッドのガスケットが抜ける=圧縮混合気がウォーターラインに漏れ出し、漏れた混合気の分だけオーバーフローラインからLLCが吐き出される。

エンジンが冷える際LLCは本来リザーブタンクからラジエーターに戻るのだが、ラジエーター側はエア抜きされていない状態になるので負圧がかからず戻れない状態。

この状態で走り続けたために、だんだん水温が高くなりサーモスタットの負担も増えていったのでしょう。

 

実際にエンジンが十分温まっている状態で国道などで4000rpmあたりで走った後の信号待ちなんかでLLCがバフバフ排出されているではないか!

現在は100km毎にLLCを足してます。100~200cc程減ってます。

 

 

という訳で現在修理に向けて代車待ちです。

V型エンジンのリアバンクはエンジンを下ろさないとガスケット交換ができないのです。

抜けているのは前後どちらかか分からないのですが、いっそのこと前後新品に取り換えてしまおうと決めました。

これで30万キロを目指します!

 

 

また進捗があれば記事に書きたいと思います。

長文でしたが、同じような症状で悩んでいる方に読んでいただければ幸いです!

 

 

 

 

やまそら祭2019

やまそら祭に行ってきました。

 

 

f:id:torayamusic:20190520212156j:plain


www.facebook.com

 

日曜の朝イチの様子です。

天候にも恵まれ、友人もたくさん来ていたのでとても楽しめました。酔っぱらいすぎましたが・・・

 

一昨年出演させていただいた時と場所が違い、交通の便がいいので気軽に遊びに行けます。

有志主催でこんな大きなイベントが開催されるサイタマってなかなかイケてるんじゃない?

 

1日中ハダシで過ごしました!

関係者の皆さん、ありがとう! そしてお疲れ様です!

また来年も楽しみです。

 

 

話は変わってアコギ。

torayamusic.hatenablog.com

ライブ時の音出しは、500円未満のピックアップと300円くらいのコンタクトピエゾを使っているんだけど、サウンドホールからだらしなく垂れさがるシールドを何とかすることにしました。

普通はエンドピンの穴を広げてジャック付きの専用エンドピンを装着するんだけど、広げるということは木を削るってこと。これはできれば避けたい。

で、調べると・・・

ミニジャックを利用して、木を削らずに装着できることを知った。

 

こんな感じ、もちろん自作です。

f:id:torayamusic:20190520213955j:plain

少し見た目が悪いのはご愛敬。

買うとエンドピンだけで1万越えとかなんですよ。

 

アコギピックアップ研究編 穴あけ不要のエンドピンジャック自作

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

ありがとうございます。

 

 

それと、やっぱりマトモなマイクを付けたくなり、

f:id:torayamusic:20190520213703j:plain

こちらを購入。

3mくらいのシールドは切り捨て、ミニジャックでギター内部の配線に接続するようにしました。

 

電気的な流れは

マグネティックPUとコンタクトピエゾをステレオ回線で出力

自作のプリアンプ兼ミキサー(バランサーで出力バランスを調整)

エレキで愛用しているRCブースター

PAまたはG.アンプ

 

こんな感じ。

 

自作プリアンプも少しモディファイ。

マグネティックの増幅率をトリムポットで調整できるようにしました。

Fishmanの出力が小さかったので、ピエゾと同程度になるように調整します。

※図面は古いままですが・・・
f:id:torayamusic:20190520214649p:plain

あと、反転回路は意味ないと判断しカットしました。

 

ピエゾは、ほぼボディーの打音を拾うだけなので300円のやつでも十分。

 

f:id:torayamusic:20190520215543j:plain

 

録音してみたけど、マグネティックぽさはかなり減ってエレアコっぽいサウンドになりました。

RCブースターでハイを削るとフルアコっぽくなったり結構面白い。

見た目もスッキリ。

 

地味ですが、弦を止めているピンも新調しました。

タスクと呼ばれる人工象牙です。

音の立ち上がりがタイトになった感じです。

 

 

次のライブが楽しみです。

 

とらや3周年

この6月でとらやは3周年を迎えます。
元号も令和になるので、ちょっと色々考えてみました。

今までメンバー不定のライブを標榜してきましたが、一旦ここでバンド形式は封印することにしました。
3年間でバンド形式で演奏したライブはたった3セットでしたが、楽しむことができました。関わってくれた皆さんには感謝しかありません。ありがとう!

これからしばらくはアコギ片手にソロで切磋琢磨してみようと思っています。

ジャンルとかとは違った意味で音楽性の幅を広げていくことが当面の目標です。

皆様、
これからもとらやを宜しくお願いします!

エスペランサ・スポルディング

最近すっかり更新頻度が落ちてますが、継続の意思だけは持っている「とらや」です。

 

今日はステキな女性ベーシストをご紹介します。

女性ベーシストといえばタルちゃんを思い浮かべる人も多いと思います。


JEFF BECK LIVE Cause We've Ended As Lovers

 

今日ご紹介するのはタルちゃんじゃなくて・・・

エスペランサ・スポルディングさん。


Esperanza Spalding - "I Know You Know / Smile Like That" (Live in San Sebastian july 23, 2009 - 3/9)

 

1984年生まれの34歳。

どうすか?

 

まず、こういうJazz/Fusionスタイルで弾き語りする人自体、相当珍しい。

音楽性、演奏・歌唱技術ともに衝撃です。

 

1フレーズも鼻歌で歌える自信がないくらい、凄まじく複雑な音楽なのにポップ。

超テクニカルなのに、音楽を差し置いて楽器が悪目立ちしてない。

おしゃれ音楽として軽く流すのにもフィットするが、真剣に聴きこむとヘトヘトになる。

そして何より・・・ 

唯一無二のスタイルなのに、きわめて自然体。

パットメセニーやウェザーリポートを初めて聴いた時の衝撃に近いです。

 

と思って調べたら、バークリーで若干20歳で講師に抜擢されたという、メセニー並みの逸材なのですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

 

僕は今、「Radio Music Sciety」というアルバムを聴きこんでいます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3-%E5%88%9D%E5%9B%9E%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E7%9B%A4-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5/dp/B006WQJFOI

 

世界は広い!

僕は僕なりに、自分のスタイルを昇華していきます。

またお会いできる時を楽しみにしております!!

埼玉で「翔んで埼玉」を観た

「翔んで埼玉」を観てきました。

f:id:torayamusic:20190304210550j:plain

f:id:torayamusic:20190304210641j:plain

 

ボヘミアン同様、公開直後よりも2週目以降の方が入場者数が増えているそう。

 どらえもんとワンツーを争う盛り上がり!

ロングランもあり得るかもね。

news.livedoor.com

 

いやあ、サイコーっすよ!!!

泣いて笑ってきました。

 

アリーやグリーンブックなどミュージシャンが主役の話題映画も観たいんだけど、先日、西武線に乗った時たまたまこれを見てしまったんだ。ドア上の画面で。

www.youtube.com

なぜか強烈な引力に囚われてしまい、早速観てきたというわけ。

大正解でした。

オマケに「聖地」である埼玉県内の映画館で(車で15分の地元)。

平日昼なのにほぼ満席だった。結構盛り上がってました。

 

面白いのはどこで観るかをSNSや5chで情報交換する楽しみが加わっているいこと。

東京や近県の人も「せっかくなら」と所沢やさいたま市で観たりしているみたい。あと関西でも満員で終わってから拍手がわいたとかいろんな情報が飛び交ってる。

なんだか、新しい映画の楽しみ方だね。

 

 

泣いて笑えるという状況は自分でもびっくりしたんだけど、後から考えたら「クレヨンしんちゃん 戦国大合戦」を観たときに近いのかな・・・

 上のティザー映像でも出てくるけど、ラスト間際はどちらも合戦のシーンだね。

 

 

それで、表層的には埼玉をディスっているんだけど、本当にディスっているのは住んでる場所でマウンティング取れると思ってるア〇ォな人たち。

この間、港区青山がどーしたこーしたみたいな・・・

ムサコ住まいの人がこれ観ても面白さを理解できないかもね。

 

tokyodeep.info

 

ともかく埼玉県民はコレ全員観たほうがイイ!

 

 

 

 

「とらや」のほうは・・・

次のバンド形式の演奏は6月になりそうです。まあ、弾き語りはちょいちょい顔出さしてもらいますけど・・・

 

今のとらやのテーマは「ダイナミクス」。

静と動の幅を広げていきたい!

新しい試みを色々入れた演奏を企画してます。

具体的になったらまたここでお知らせします。

 

それでは。

埼玉のライブスポットで会いましょう!

 

2018年大晦日

映画「ボヘミアンラプソディー」。

皆さんはご覧になりましたか?

 

www.foxmovies-jp.com

 

 

僕は公開初日に地元の映画館、11月末に立川シネマシティーで2回目を観てきました。

映画が素晴らしいのは僕がここで語るまでもなく、社会現象と呼ばれるほどの大ヒットとなっています。

 

2回目に見た立川シネマシティーはメイヤーズの音響設備が入っているのが特徴。

設備用の音響ではなく、ライブのSR・PAなどのシステムです。

Aスタジオではスクリーンの両サイドに、銀色のスピーカーアレイが挑むようにこちらに向いています。

 

この音響システムのパワーはこの映画のためにあるようなもので、臨場感もさることながら、音のディティールが素晴らしい!

もうね、一個一個の音の解像度がヤバいくらいクリア。

 

同じ音楽を大音量、と言ってもスタジオやスタジアム、クラブなどで聴こえ方が全く違ってきますが、タイトル曲「ボヘミアンラプソディー」のレコーディングシーンで、ブースから調整室にカメラが移動するシーンや、「ウィーウィルロックユー」の作曲シーンでスタジオからスタジアムにシーンが移る場面など、何か所も鳥肌ものの音の感動を味わうことができました。

 

そんなシネマシティーがついに応援上映を始めるとのこと!!

info.cinemacity.co.jp

 

 公開して1ヶ月半経つも、週末は全上映回ほぼ満席というとてつもない状況でしたので、まずは普通に観ていただくことを優先して開催を控えておりましたが、もう辛抱たまらないっす。

 いよいよシネマシティでも、拍手、歓声、そして最後のライブエイドシーンではオールスタンディングで大合唱OK、スクリーンの中と時空を越えて一体化する【ライブスタイル上映】を開催。
 英語歌詞字幕が表示されるヴァージョンで上映します。

 音楽用のサウンドシステムから放たれる、身体の芯を震わす「音」で感じる、1985年の熱狂。

 

=ライブスタイル上映のルール=
〇拍手、歓声、口笛、一緒に歌うことOK
 歌詞が表示されますので、安心して歌えます
〇おもしろいことを叫んでウケを狙おうとするのは控えめに
 そういう作品ではありません。
〇ライブエイドが始まったら原則全員スタンディングで
 スクリーンの中のオーディエンスと一体化しましょう
サイリウム、LEDライト使用不可
 80年代のロックコンサートにその文化はなかったのと、スクリーンに光が映り込んで没入感を著しく削ぐからです。
〇笛やタンバリン等、鳴り物禁止
 演奏はクィーンにまかせましょう。

=その他=
〇上映中の撮影、録画は違法行為です。
〇コスプレはOKですが、この季節にランニングはキツいと思います。
〇ヒゲを生やすこと、ヒゲをつけることは推奨します。

 

なんというかシネマシティーさん、愛にあふれてますよね!

俺、絶対に行きますよ!

 

 

話は変わって本日は大晦日

今年を振り返っておきたいと思います。

 

・2月…彩の森カフェ入間(弾き語り)、PEAK 1大岡山(KAZさんのバック演奏)

・4月…彩の森カフェ入間(弾き語り)

・5月…エビスカフェ飯能(オープンマイク)

・6月…サンストライブ小手指、East Court飯能

・7月…彩の森カフェ入間(弾き語り)

・8月…彩の森カフェ入間(弾き語り)

・10月…サンストライブ小手指

 

地道に頑張りました。

この一年、僕に関わってくれたすべての人に感謝いたします!

ありがとうございました。

 

昨日、山喜屋さんの忘年会に参加してきたんですが、その時感じたこと。

皆さん、ここ2~3年で知り合った方たちばかりなのに凄く良くしてくれて、このトシでこういう友達ってできるんだな、自分は幸せもんだなって改めて思いました。

 

来年も皆様にパワーを受け取っていただけるようなアツい演奏を続けていきたいと思います。

来年も宜しくお願いします!

 

 

 

Inter BEE 2018

今日は仕事で幕張メッセで開催されているInter BEEに行ってきました。

www.inter-bee.com

 

趣味とずいぶん被ってる仕事なので、見ていても楽器屋さんにいる時と同じような気分です。

 

そこで一つ面白いものを見てきたので紹介したいと思います。

それはコレ!

f:id:torayamusic:20181116214327j:plain

 

僕の大好きなMarshallアンプの上に載っているレトロなデザインの機材。

ちょっと見切れちゃってるけど、ユニバーサルオーディオの[OX]といいます。

 

OX | Amp Top Box - Universal Audio | Hookup, Inc.

 

何するモノかと言いますと、

[ギター]→[アンプ]→[アンプのスピーカーアウト]→[OX]→[レコーダー、ヘッドフォンアンプ、PAなど・・・]と繋ぎます。

そう、スピーカーキャビネットとマイキングのシミュレーターです。

 

言い換えると、先日ご紹介したアンプシミュレーターのアンプヘッドの部分がホンモノを使えるデバイスってことになります。

 

torayamusic.hatenablog.com

 

これはスゴイことですよ!

自宅で本物のマーシャルのフルテンが録音できちゃうんですぜ?お父さん!!!

 

価格は15万円前後となってマス。

ほぼマーシャルのヘッドが買えちゃう値段ですね。

これを高いと思うか安いと思うかはあなた次第!

 

 

f:id:torayamusic:20181116220310j:plain

僕の場合、宝の持ち腐れ状態のアンプがあるので「コレ欲しい!!!!」なのです。

え、マーシャルじゃないのって? まあ、そうなんです・・・

デカすぎてライブにも持って行けないし、デモを録音するにしてもパソコンとこれ持ってかなきゃだし、なんですよね。100w級のアンプって・・・

 4発キャビもデカ重だしね。

 

OXと同じことをする場合、今までは完全密封された箱の中でスピーカーを鳴らしてマイクで収録って手法があったんだけど、4発入りのマーシャルキャビの音ではないし何より(多分)音が箱を伝わって漏れるはず。

www.cafeo.tv

 

OXの場合、さらにギターリグ同様にアンビエンスを含む複数のマイクシミュレーションが可能な上にキャビタイプも選べる。

 

さらにDAWでおなじみの1176コンプをはじめとしたアウトボードも標準装備!

上の写真だとマーシャルのアンプヘッドの下側にあるディスプレイに表示されているのがコントロールソフトです。よく見ると中央のウィンドウの上部にマイクが表示されています。

 

昔から良くしてもらっている宮地楽器さんのブースです。

f:id:torayamusic:20181116215904j:plain

 

夢中になって試奏中!!

音は諸所のアンプシミュレーターがおもちゃに感じてしまうレベルの高さ。

 

JCM-900ってこんなに音良かったっけ?ってなってます。

マスターボリューム「8」です。

リハーサルスタジオでも0.5とかで充分なんですよね。

でも真空管の醍醐味はパワー管をドライブすることにあり!

 

なのでこのOX、非常に欲しい!!!

 

イレブンラックやケンパーなんかと同様、プロの人を中心にワーッと広まりそうな気がしてます。

 

Inter BEEは今日までなんですね。

楽器屋さんで見かけたときは是非試奏してみてください!