エピのレスカにドンピシャ!

ついに緊急事態宣言も解除され、6月から週5勤務復活へ。

それにしても先日のブルーインパルスは感動的でした。

f:id:torayamusic:20200530215056j:plain

 

入間航空祭は毎年見ているけれど、都心で観るのはまた別物。

どっちで観ても胸に迫る何かを感じることは間違いない。

 

 

さて、前回はストラトのお話でしたが、今日はレスポール

 

f:id:torayamusic:20200530215422j:plain

ストラト君とツーショット。

 

4月のアタマにヤフオクで格安ゲット。

チ〇コヘッドだけど、「FC」から始まる90年代のフジゲン製ということらしい。

 

とても綺麗にクリーニングされた状態で届きました。

早速アンプに繋いで音出し。

・・・・・・

 

あんまし音良くね~

ってか鳴ってね~

 

ボソボソしててブーミー。サスティンも短い。

 

 

 

 

これはやりがいあるぞ!!

ステイホーム万歳!

 

 

その1

フレットの矯正。

f:id:torayamusic:20200530220104j:plain

3弦と4弦の7フレット付近がビビる。一番使うトコじゃん。

見た目の状況から推測して、全体的に軽くすり合わせされているようなんだけど。

んで、ネックはほぼまっすぐ。

なので8フレットあたりをカッターの刃(黒歯)でカリカリ。

 

その2

ナットとブリッジの交換

鳴ってないってことは電気系の前に振動受け部分だろという判断。

もちろんペグその他のネジの締め具合も総点検。

f:id:torayamusic:20200530220548j:plain

指板はローズだけど、年代的にもきれいな木目だと思う。

何故かペグの左右がオフセットされている。てかずれてる。本当に日本製か?

 

f:id:torayamusic:20200530220752j:plain

最初から軽くミゾ切りされているもの(タスク製)を購入。

指板とミゾ底の距離を確認しながらナット底面を慎重に削る。

時々弦を張って2フレ・3フレ間を抑えて1フレトップと弦の間隔もチェックする。

老眼鏡が手放せない。

瞬間接着剤でチョン付け。本当は接着しないほうがいいというハナシもあるみたいね。

 

 

ブリッジはこれ。

www.soundhouse.co.jp

 

オクターブ調整のビスの部分が独特で、共振が徹底的に排除されている。

オリジナルより少し大きい分重め。

 

 

この二つを交換してジャラっとコード鳴らしてみた。生音で。

すげー音デカくなってる! あと反応速度がめっちゃ早くなった。

 

 

次に電気系。

元々持ってたダンカンのSH-1N(59)をフロントに装着。

ブーミーさが完璧になくなった!

それでレスポール独特のコリッていうアタック。

ベストセラーってすごい。

 

ダンカンのHPのサンプルで聴いて、SH-2Nも気になるけど、

まあ、ジャリジャリ感が欲しけりゃフェンダー系弾けばいいか。

 

f:id:torayamusic:20200601084129j:plain

リアはヤフオクに安く出ていたSH-5(カスタム)。

コイルの巻き数が多めで、磁石がセラミック。

高さをなるべく上げたくないのと、ローのズンズンはいらない。それと倍音が多めというあたりが選択のポイント。

 

クランチでも少しわざとらしい位のツブのそろい方。

自分の印象だとアクティブっぽい? ハイの出方は好み。

悪くはないけど、もう少しアクみたいなものがあってもいいかな~と。

SH-14(カスタム5=アルニコマグネット)が安く出てたら試してみようかな。

 

 

あと配線。

ギブ系のギターは、<PU>→<ポット>→<セレクター>→<アウトプット>だけど、

フェンダー系と同じ<PU>→<セレクター>→<ポット>→<アウトプット>に。

要するにPU毎のコントロールはいらなく、むしろ演奏中の操作性を上げたかった。

ボリュームポットはボーンズの500/B。恐ろしくトルクが軽い。

リア側の2個のツマミはダミーとなります。

 

それとトーンに分岐する取り出し口をギブソンビンテージ仕様にし、ハイパスコンデンサーを追加。あとローパスの方のコンデンサーもオレンジのやつに交換。

クランチからボリュームを絞っていくとテレキャスみたいな音になる。

トーンとボリュームの組み合わせでかなり色んな音が出るようになった。

 

一旦完成。

アルミテールピースも気にはなるけど、現状で高音よりのトーンになったので多分いらない。

 

高さはベタ付けから2〜3mm程上げ。生音が一番デカイポイントで。

高さは影響大きいね。

 

f:id:torayamusic:20200601090226j:plain

 

普段はダダリオの010セットだけど、低音弦~高音弦の鳴り方を考慮して009のヘビーボトムを張ってみた。ちょっと弾きにくいけど、なかなかよい。

あとは、元々ハット型だったつまみを円柱型に交換して操作性をアップ。

別で買っておいたPUカバーも装着。

 

手持ちのテレと比べると、「レスポとテレは似ている」というのがよく分かりました。

テレほどのクリスピーさはないけど、ボリュームやトーンを駆使した中間的な音で共通点がいくつも見つかったよ。

 

 

レスポールを持つのは高校以来だけど、なかなか面白いギターだね。

去年買った安物フルアコ同様、とらやの音楽性を広げてくれる。

 

ラフな録音だけど聴いてみて!

PCに直録音でギターリグのモデリング使ってます。たしかツインリバーブだったかな?


メロディー:とらや

 

なぜカスタムにしたかって?

黒人でサンバースト弾いてる人居なくない?

 

さて、今日は午後出社。

フロイドローズのスタッド修理

世の中、コロナウイルスの影響で大変なことになっています。

幸い身内や直接の知人友人で罹患した人はまだいません。

 

志村さんの訃報はデカいショックだった。

 

中学生の時に一度だけ「8時だよ全員集合」をナマで観ることができた。

 

1979年の口裂け女の騒ぎのピークともいえる日だった。

ビビりながらまだ明るい時間に友人と2人入間市民会館に着いた。

 

道路に面したちょっとした広場でスタッフがキャッチボールか何かをしていた。

その中にあの志村けんがいた!

 

声をかけようなんてことは1ミリも思いつかず。

通り過ぎた後に「今、志村けんいたよね?!」ってな感じ。

近所の気のいいあんちゃんにしか見えなかった。イッチョメ!イッチョメ!で全国の小学生を熱狂させている大スターなのに。不思議な感覚。

 

本番の内容は記憶から消えかかってしまっているけど・・・

本番が始まるときの長さんとの掛け合い「うぃっす!」ってやつができたのと、志村けんの素を見れたのだけはいまだに鮮明に思い出せる。

 

とにかくご冥福をお祈りします。

多くの人々と同じく、僕の中でも志村さんやドリフは生き続けています。

ありがとうございました。

 

 

 

下の写真で僕が抱えてるストラト

f:id:torayamusic:20200211175156j:plain

 

1990年代末期に中古で購入したもの。

SSH+フロイドローズという所謂便利ギター。シェクター製で10万円くらいのランクのよう。

最近でも割と出番は多い。

 

新しいピックアップを買ってきて、内部配線を大幅に変えようとしていた際に、見つけてしまった・・・

 

f:id:torayamusic:20200413103649j:plain

 

スタッドにかかる力がボディーの弱い部分を破壊。裂け目が出てしまっている。

リペアに関する絶大な評価を耳にする楽器屋さんで診てもらったところ、スタッド周りの木をまるごと入れ替える大手術になるとのこと。

 

まあぶっちゃけ、そこまでするなら新しいボディーに替えるとかの選択肢も見えてくるし、まずは自分で直してみようと決心した。

タイトボンド(緑)と工作用の注射器を買って、裂け目を圧着することに。

 

f:id:torayamusic:20200413104247j:plain

やってしまいました。とらやさん・・・

ピックアップキャビティーとボディーエンドにクランプをかけて思いっきり閉め上げたところ・・・

上写真の赤丸部分がもげてすっ飛びました。

 

その状況を写真に残せるほどの心の余裕はなかった・・・

 

方針返還。

 

 

 

 

f:id:torayamusic:20200413104630j:plain

割れた陶器を直すのとおんなじ。

 

f:id:torayamusic:20200413104723j:plain

 

折れたネックの修理でも使われる位だから、こんなの楽勝でしょ、タイトボンドさん?

 

f:id:torayamusic:20200413104844j:plain

裏側。

 

さらに・・・

f:id:torayamusic:20200413104933j:plain

5mm厚のメイプル板。

薄~くトラ杢が出ているね。

 

f:id:torayamusic:20200413105058j:plain

ペーパがけ。

 

f:id:torayamusic:20200413105140j:plain

圧着。

 

f:id:torayamusic:20200413105218j:plain

この状態で2日放置。

010の弦をレギュラーチューニング。

スタッド穴は、修理前はスコスコだったものがハンマーでいれないと、という位復旧した。

 

f:id:torayamusic:20200413105338j:plain

大丈夫そうなので組付け。

1ヶ月ほど経過したが今のところ大丈夫。音も。

 

ところでダンカンのSH1だったリアPUをP-Railという機種に載せ替えた。

P90とHot Railの片方のRailをくっつけたという楽し気なプロダクト。

そのアイディアだけで衝動買い。大好き、こういうセンス。

 

それで、この機会に以前からやってみたかった「レインボー配線」呼ばれる回路に変更。

これは従来のPUのミックス(F+C、C+R)に加え、F+R、F+C+Rのパターンも選べるというもの。興味ある人はググってみてね。

 

 

コントロールは2個のトーンポットをプッシュプルにして、1方をレインボー配線切り替え用に、もう1方をP-Railのコイルタップ用にしてある。

 

なので、バリエーションは

Fのみ、Cのみ、R(Hum)、R(P90)の各単体使用と、

F+C、F+R(P90)、F+R(Rail)、C+R(P90)、C+R(Rail)、

F+C+R(P90)、F+C+R(Rail)

となる。

回線を考えるのに3時間くらいかかったよ・・・

f:id:torayamusic:20200413111833j:plain

トーン回線はマスターにしたので、一番最後のつまみはダミー。

ボリュームは250kにしたのかな・・・

 

当然だけど、全部の組み合わせをまんべんなく使う気は全然なく、今のところP90単体やF+R(Rail)あたりがお気に入り。

トーンのミックスが主目的なんだけど、ダイナミックレンジも広がったように感じる。

 

 

 

ボイストレーニング 3年半後

折に触れて言っているんだけど、「とらや」を始めるまではちゃんと歌の練習をしたことがなく勢いだけで歌ったりしていた僕。

基本的にギタリストオンリーでした。

 

でも3年半前に「これじゃイカン、後悔が残る」と思い、ネットで情報を集めてボイトレを始めました。

 

f:id:torayamusic:20200211175156j:plain

とらや寸前の頃

 

torayamusic.hatenablog.com

 

上の記事ではエラそうに書いてますが、3か月ほど練習し、初めて人前で演った音源は聴けたものではありませんでした。

個人練習を録音したものも同じ、聴くたびにやめたくなるほどのヒドさでした。

 

まあ、現在でも大して上手くはないのですが、やめたくなるほどのヒドさはなくなり、ぼちぼちYoutubeにアップしたり出来るようになってきました。

 

 

備忘録的に今までやってきたことを時系列的に並べてみます。

 

1.力任せの歌い方をやめる(2016/6月~)
 ・1回ゼロにリセットする。喉と体の使い方を整理して体得するため。

2.チェストボイスの基本(2016/6月~)
 ・声帯を閉めてエッジボイスの練習。

3.音程コントロールの基本(2016/12月~)
 ・高音は声帯を下側に引っ張る。
 ・変な癖を抜くため、力まずに「棒歌い」をする。
 ・声帯を引っ張る環状甲状筋を鍛えるため、ファルセットを含むスケール練習
 ・下降フレーズの練習を強化(R&Bに多い)。

4.基本的な活舌(2017/12月)
 ・ファルセットを含む各音域で早口言葉

5.咽頭共鳴(2018/3月)
 ・主に低~中域でのチェストボイスで咽頭共鳴を意識する
  「Something」のAメロで練習した。

6.口腔共鳴(2019/8月)
 ・中~高域での共鳴。息を吸うイメージ、上あごで歌うイメージ。

7.腹から発声(2019/12月)
 ・姿勢を正す(やや前傾=ケツを閉める、ろっ骨を上げる、下腹に力を入れる)。
 ・ギターの構え方が変わる(ナナメ)→右肩が腱鞘炎に。

 

f:id:torayamusic:20200211175242j:plain

2020/2月のライブ

順序が効率的かはわかりません。

自分の場合は3年半続けることで、やっと色んな要素が繋がってきました。

 

例えば7番を1番最初にやっても、喉の使い方が分かってないのでその意味を体感することは出来なかったでしょう。

 

そして今振り返ると1番が最も大切ですね。

2016年の6月というと僕は51歳だった訳ですが、「ちょっと上手く」歌えてたらリセットなんて絶対にムリだったと思います。

逆に、自分の場合はリセットする以外進む道が見つからないくらい絶望的だったということですが…

 

「歌」だけに関して言えば、この3年半の自分を褒めてやることができます!!

 

 

先日のソロライブ「Bluesy & Jazzy」を通じても、今後ヱビスカフェさんでの新しい試みのヒントが見つかり、色々アイディアを練ったりしています。

 

やはり実力に余裕ができてきて初めて見えるモノがあるということですね。

僕の「現在」に彩りを下さっている皆さんへの恩返しをカタチにしていければと考えています。

 

乞うご期待!!

とらやソロライブ ”Bluesy & Jazzy” at ヱビスカフェ

昨日2/1にヱビスカフェさんでソロライブを演らせてもらいました。

ebiscafe.amebaownd.com

 

f:id:torayamusic:20200202211530j:plain

 

2部構成+プチオープンマイクという内容。

約5時間に渡る長丁場!

1~2部ではアンコールも含め17曲を演奏しました。

f:id:torayamusic:20200202212135j:plain

Photo by Zoe

 

f:id:torayamusic:20200202212312j:plain

Photo by Kaz

 

満員という訳にはいかなかったけど、お客さんも大盛り上がりしてくれて、大成功でした!!

 


Hazy Air by Toraya

この日に合わせて作った新曲。

まだライブ冒頭なのでカタいね。

 

ギターは先日このブログでも紹介した「The Loar」のフルアコ

アンプは「Lunch Box」に直結。

これらの購入を迷ってる人にも聴いてもらいたい。ギターもアンプも3~4万の安機材ですがどっちもスバラシイ楽器です。

 

 


Something coverd by TORAYA

こっちは2部後半。

途中からオヤジ達の大合唱になってます。

 


Superstition coverd by TORAYA

迷信。

打ち込みオケのオルガンは、10年位前にこの曲を一緒に演らせていただいた松尾さんという方のプレイを参考に作りました。

 

現在西日本在住の松尾さんですが、関東時代にこのヱビスカフェさんの常連だったということで、何かの縁を感じます。

 

 

3部のプチオープンマイクは映像が残ってないですが、普段共演するチャンスの少ない方とセッション出来、貴重な時間となりました。

演歌、J-POP、グレさんの名曲「バブル」など・・・ とらやの世界じゃない音楽を演奏するのも楽しいものです!

 

皆様、貴重な時間を盛り上げていただきありがとうございました!!

 

また、そのうち演りたいと思います。

ヨロシクね

ギターキャビ自作

昨日は飯能エビスカフェのオープンマイクに参加してきました。

いつも以上の盛り上がりでした。

 

酒飲んで騒いで歌うだけじゃなくいろんな発見があったりやアドバイスもらえたりと、自分のレベルアップにも欠かせないイベント。

主催されているKさんにはアタマが下がります。いつもありがとうございます

PA機材刷新のカンパの話があるそうですが、自分も喜んで協力いたします!

 

さて、今回はキャビ自作のお話。

10年以上部屋から出す機会のなかったマーシャル1960の4発キャビを先日売却し、その代わりという訳ではないんですが、ZTのLunchBoxというミニアンプを購入しました。

サイズはミニなんですが、200Wという大出力を持つことで有名。

大音量でも歪みにくいので先日入手したフルアコでも使いやすい。

 

このLunchBox、外部スピーカーアウトがついてるのがミソで、レビューなんかを見るとそれこそ4発キャビで鳴らすとドラムにも負けない音が出るようだ。

 

とりあえず、マーシャルのLead12につけているエミネンスのスピーカーで鳴らしたところ、やはりローの豊かな音になり本体の6.5インチだったかな? 小さいスピーカーよりも全然良い音になることが分かった。

 

それならばということで、スピーカーキャビを自作することにしました。

f:id:torayamusic:20191117210947j:plain

図面。

これをもとにジョイフル本田で材料を買ってきます。

 

f:id:torayamusic:20191117211045j:plain

ジョイフル本田のカットサービスは腕がいい!

材料は針葉樹系の合板。厚さは12mm。

販売は900mm×1800mmのサイズしかないのでキャビを2個作ることにします。

10インチと12インチでサイズは2台共通にすることにしました。

 

f:id:torayamusic:20191117211500j:plain

構造や背面の開口率はLead12を参考にしました。

右後ろに映ってる黄色いダンエレクトロが可愛い!

 

f:id:torayamusic:20191117211652j:plain

なんだろうね、定期的になにかクラフトしてないと病気になっちゃう気がする(笑)。

 

f:id:torayamusic:20191117211758j:plain

木工用ボンドとコンパネビスでがっちり。

 

f:id:torayamusic:20191117212723j:plain

下地塗装。音響と耐久性向上が狙い。

 

f:id:torayamusic:20191117212821j:plain

f:id:torayamusic:20191117212849j:plain

バッフル板に10インチサイズの穴をあける。

 

f:id:torayamusic:20191117212940j:plain

こちらはリアパネルのジャック用開口。

 

f:id:torayamusic:20191117213035j:plain

アクリル板でジャックプレートを作る。

 

f:id:torayamusic:20191117213210j:plain

だんだんカタチになってきた。

仕上げはパンチカーペットを貼ります。

上のキャビは12インチ用なので今回は穴をあけてないです。

 

f:id:torayamusic:20191117213346j:plain

ジョイフル本田でもネット素材は全滅。なにも売ってない。

これ網戸用のアミです(笑)。

タッカーとホットボンドで貼っていきます。

 

f:id:torayamusic:20191117213518j:plain

仮組みしてLead12とツーショット。

 

f:id:torayamusic:20191117213625j:plain

パンチカーペットを貼っていく。

以前部屋の壁紙を張り替えた経験と道具(竹べら)がこんなところで役に立つとは。

 

f:id:torayamusic:20191117213733j:plain

この穴はハンドル用のあなです。

 

f:id:torayamusic:20191117213816j:plain

こんな感じ。

 

f:id:torayamusic:20191117213850j:plain

ゴム足を付けます。

 

f:id:torayamusic:20191117214253j:plain

完成!

何か金属製のロゴとかが欲しくなるね。

 

セレッションのスピーカーを購入して、Lead12とこのキャビの相性をみながらどっちにどれを付けるか決めていきます。

 

重さは約4kg。このサイズならスクーターの後ろに積めそうだゾ!

 

ほぼコピーなんで当たり前だけど、Lead12キャビとおんなじ音が出ます。

音量上げて行くとローが出てきます。

 

12インチのユニットはジェンセンかエミネンスかで迷います。

 

〈11/25追記〉

セレッションのG10 Vintageを入手して吟味した結果、Lead12にはエミネンスを、新しいキャビにはG10を装着しました。

f:id:torayamusic:20191125224422j:plain


部屋音量ですが、Lead12の方が高音がのびており、LunchBoxにはジャリつき度の高いセレッションがマッチすると判断しました。

アルニコSPへの興味も高まりますね。

 

フルアコ The Loar LH-301T その3

我が家にやってきた中華フルアコ、The Loar LH-301T。

今回はその第3回。ピックガード自作編をお送りします。

 

僕は普段フェンダー系のギターを使っています。持ってる人なら分かると思いますが、ボディーと弦の隙間が狭いです。手持ちのテレで測ってみたらブリッジ付近で約1cm。

対してフルアコはアーチドトップになっていてもっと広い。LH-301で測ってみたらテレの倍の約2cm。感覚的には3倍くらいあるように感じます。

 

右手の中指~薬指をボディーに添えるような弾き方をしているため、弾きにくさが気になっておりました。

ピックガードがあればもう少し緩和できるかなと。

ピックガードの通販を検索してもストラトやテレはいっぱい出てるんですが、フルアコ的なものは皆無・・・

その代わり、自作を記事にしているブログが結構ありました。

僕もそれらのマネをして今回初めてピックガードを自作してみることに。

 

 

f:id:torayamusic:20191021195430j:plain

近所のケイヨーD2で3mm厚の黒アクリル板と適当なL字金具を買ってきます。

 

 

f:id:torayamusic:20191021195615j:plain

クリアファイルを使って型紙を作成。

P-90ピックアップの耳の部分が難所になりそう。本物のES-125は曲線的なデザインだけど、難所だらけになりそうなので直線を多用することに。

 

 

f:id:torayamusic:20191021195831j:plain

アクリルにマスキングテープを貼って型紙の形をトレースします。

 

 

f:id:torayamusic:20191021195941j:plain

糸鋸で2cm程切ったところ。

ノコの進みの遅さに早くもくじけそうです。

ブルルルってなって効率よく切れないんだもの。 

 

 

f:id:torayamusic:20191021200111j:plain

・・・と思ったらイイモノがあるのを思い出しました!

エフェクター作るときの基盤カットのために買ってあるアクリルカッター!!

 

10回ほどピーッと切り込みを入れてせーのでパキッ。

早い早い。

 

 

f:id:torayamusic:20191021200415j:plain

ピックアップに合わさる部分は、型紙を使い現物に合わせて慎重に切っていきます。

 

 

f:id:torayamusic:20191021200534j:plain

金やすり→150番ペーパー→320番ペーパーの順で仕上げていきます。R部分は棒やすりを使いました。

ボディー外側になる部分は斜めに削っています。

 

 

f:id:torayamusic:20191021200840j:plain

レモンオイルできれいに拭きあげて取付け。

なかなかいい感じです。

f:id:torayamusic:20191006210221j:plain

取付け前がこちら。

 

うん。ルックス的にもアリの方が好みだな。

弾きやすさも格段にアップ!

 

これでLH-301の記事はひとまず完結。

買ってまだ1ヶ月もたっていないけど、

①ブリッジ加工(弦高対策)

②ピエゾPU取付け、ボリュームポット交換

③今回のピックガード取付け

 

所謂「世界に1本、俺様仕様」になりました!!

とにかくかわいいヤツ。


<追記2020/3/6>

結構この記事を見に来てくれる人がいるようなので、301を使ったLive動画を貼っときます。

Lunchbox直結の音です。ご参考になれば…

https://youtu.be/MTSR6-st8QE


フルアコ The Loar LH-301T その2

前回は新しくフルアコを買ったお話を書きましたが、その続編です。

 

torayamusic.hatenablog.com

 

ピエゾPUをマウントしちゃいます。

 

f:id:torayamusic:20191011220706j:plain

こちらが届いたShadowのピエゾPU。

下の普段マーティンにつけている奴と比べてかなりちっこい。

f:id:torayamusic:20191006213813j:plain

 

 

ソリッドギターと違い、配線にアクセスするにはFホールから取り出さなきゃいけない。トーンのポットなんて絶対手が届きませ~ん。

 

なので、針金で引っ張り出せるようにしておくのです。

f:id:torayamusic:20191011220910j:plain

 

こちらが新しいデュアルポット。プッシュプルもついている。

f:id:torayamusic:20191011221145j:plain

頭が混乱しないよう、簡単な配線図も書いておく。

上がP-90、下がピエゾ。

プッシュ時にP-90オンリー。プル時にピエゾをプラス。

アウトはステレオ2回線を使用します。

 

f:id:torayamusic:20191011221428j:plain

配線完了(実はスイッチのグランドを忘れている・・・)。

ここでネジ部の太さが太いことに気づいてしまう。上が元々付いていたやつ。

 

リーマーで広げるの図。

f:id:torayamusic:20191011221617j:plain

針金は歯と歯の間に逃がしています。

直径で1mm程度広げるだけなのであっという間に終了。

 

f:id:torayamusic:20191011221727j:plain

針金を引いてすべてのパーツを固定していく。

テールピースを外してあるのはアース線をリリースするため。

 

ピエゾはプラグ受け。コイツらもスポンジでくるんで中に入れます。

f:id:torayamusic:20191011221933j:plain

f:id:torayamusic:20191011222153j:plain

ギリギリ入った!

 

早く弦を張って音を聴きたい!!

と思ったらナットが外れているではないか!!!

f:id:torayamusic:20191011222246j:plain

ビバ安物!!

 

ボンドで貼り直して復帰。

f:id:torayamusic:20191011222455j:plain

ピエゾはfホールとブリッジの間位に貼りました。

 

自作のデュアルプリアンプ。

ツマミはバランサー。左いっぱいでピエゾオンリー、右いっぱいでP-90オンリー。

ミニスイッチは片方のチャンネルを位相反転します。

f:id:torayamusic:20180812160902j:plain

 

スゲーイイ!!

 

1PUでクリーントーンだと音がプレーンすぎて色気に欠けるきらいがあるんだけど、ほんのりピエゾの音を足すことで倍音が乗ってくる感じ。

ピエゾに振り切ると鳴らないエレアコみたいでイマイチなんだけどね。ま、エレアコの音が欲しけりゃエレアコ持っていけばいいだけなので。

 

ライン直とマーシャルLEAD-12のクリーンで試したけど、やっぱりギターアンプの方が色気があるね。

それとブルースブレイカーでゲイン9時くらいのごくごく軽いオーバードライブをかける。オケに合わせると歪んでるように聞こえないレベルで。

 

f:id:torayamusic:20160921212423j:plain

 

このギターじゃないと出ない音っすよ!

ジャズっぽいテイストはもちろん、軽いブルースロックなんかにもピッタリ。

世の中はストラトオジサンが多いからこれは目立つこと間違いナシ。

 

箱モノのせいなのか、ダイナミクスの幅が広い。

丁寧に弾かないとヤバいけどボリュームはあまり動かさなくて済むね。要するにアコギっぽいってことか。

 

 

次は・・・

ボディーと弦の距離が広いのがちょっと弾きにくいんで、ピックガードでもつけようかな?